最近の記事
相互リンク更新情報(ゲームニュース系)
相互リンク更新情報(2ch等)


整理中





《5周年》 その4 : my best 「ニンテンドー64」 top5  

2010y07m20d_231555171.jpg
お気に入りのニンテンドー64ソフト。
やったソフト自体はかなり少ないけど、かなりハマった。

◆1位 マリオカート64 (RCG/任天堂)
◆2位 スーパーマリオ64 (アクション/任天堂)
◆3位 ゼルダの伝説 時のオカリナ (アクションADV/任天堂)
◆4位 スターフォックス64 (STG/任天堂)
◆5位 マリオパーティ (テーブル/任天堂)

特にマリオカートは凄かったな・・・。

もっさんの思い出話は続きから。
1位 マリオカート64
 いまだに任天堂タイトルの中でNo.1の面白さだと個人的には思っています。多彩なコース、ミニターボによるスピード感、随所にある意図されているのか微妙なショートカット。
 ワリオサーキットなんてあんな低い壁を越えられないと思ったのでしょうか。わざととしか思えない(´・ω・)
 前作SFC「マリオカート」に続き、2作連続のランクイン。

 あと、何気にバトルも熱かった。クッパ等重量級のカートに当たるとそれだけでクラッシュしダメージを受けるというスーパー仕様。また、ダメージ受けて倒されたあとにボム兵になって恨みを晴らせるアイデアも秀逸でした。ボンバーマンなどと違って復活は出来ませんけどね!


2位 スーパーマリオ64
 これも超名作と言って過言ではないでしょう。広大な3D空間を縦横無尽に走り回れるだけでも楽しかった。しかし、結構難易度は高く、完全制覇するまでには苦労しました(´・ω・)
 そして、完全制覇のご褒美が”美しい3段ジャンプ”という・・・。いや、当時は嬉しかったですけどね。あと、ペンギンが太ったりもしましたっけか。

 あと、マリオがパンチやキックを繰り出したり、帽子を飛ばされたりする姿は新鮮でした。

 そして、溺れ死ぬ姿がやけにリアルで・・・。アレは本当に不必要なリアルさ。声もなんか怖かった。


3位 ゼルダの伝説 時のオカリナ
 謎解きが難しくて投げ出しそうになってしまったタイトル。上記のマリオ64にもいえることなんだけど、今のゲームにはないリアルさ、シビアさがあったような気がする。

 広い世界を馬で駆け回るのは楽しかった。あと、くせの多いキャラが多かった。
 オカリナの演奏は意味もなくなんか吹いてたりしたなー。もちろん楽譜どおりではなく適当に!・・・あまり曲にはなっていませんでしたが。
 他にも釣りやら射的やらたくさんの遊びが詰まったタイトルでした。

 ちなみにこのあと発売された「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」は素で怖かったです。


4位 スターフォックス64
 このタイトルも相当やりこんだ。しかもこっちはやりこみのご褒美が結構豪華で、バトルにおいてアーウィン(飛行機)や戦車に乗らず、生身で出撃できるというもの。
 まぁ、想像通り防御力に難があって、撃たれるとすぐに倒れてしまうのだけれど、とにかく小さくて見付かりづらい!通常入れないような建物の隙間などに入って隠れて狙い打ったり、かなりバトルにおける駆け引きの幅が広がったのを覚えています。
 そして、ボスはやはり怖かった。今はなんていうか、ボスで怖いと思うことなくなったなー。


5位 マリオパーティ
 今でこそ定番タイトルとなっていますが、その礎となったタイトル。単純にミニゲームの腕を競ってもいいですが、醍醐味は邪魔のし合い・・・。走って逃げるミニゲームで他プレイヤーの頭を踏んで妨害したりすることなんて日常茶飯事です。最終的にはヒップドロップで潰したり、パンチで弾き飛ばしたり。相当盛り上がりました。

 その後発売されたシリーズは8割方買っています。




次はPS2.

ブログパーツ
関連記事
ブログパーツ
[ 2010/08/19 16:36 ] ゲーム総合 | TB(0) | CM(2)

スターフォックス64は面白かった!自分の中でも1,2位を争うほどのゲームです。
[ 2010/08/19 17:55 ] [ 編集 ]

ひたすらにやりこんだ記憶があります。
スクロールステージよりも、自由飛行ステージの方が好きでした。
[ 2010/08/19 23:12 ] [ 編集 ]

※ツイートはこちら



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://galmossan.blog20.fc2.com/tb.php/2092-39262c3a