最近の記事
相互リンク更新情報(ゲームニュース系)
相互リンク更新情報(2ch等)


整理中





【TGS2009】 旅の記録 画像編 

DSCN2053[1]


一番最初に目に入ったTGS関連の品。
でもメタルギアソリッドのブースにはほぼ行けなかった。人が多すぎて。

では、続きからどうぞ。

幕張メッセで開かれている東京ゲームショウ。
最寄り駅は「海浜幕張駅」なのだが・・・ここから既に凄かった。

DSCN2056[1]



見渡す限りの「END of ETERNITY」。
この画像1枚だけでも14枚のポスターや垂れ幕があるのがわかるだろうか。
駅の中は全体的にこんな感じでした。まさに異質。

DSCN2063[1]


会場付近の様子。準備で使った場所なんだろうね。
他にも「スターオーシャン」や「カバサワ管理(ハート)」等の文字があった。

とまぁ、そんなこんなで東京ゲームショウの会場にやっと入場。

DSCN2065[1]


画像はセガブースだが、入り口前がセガブースだったわけでもないし、
セガブースに入り浸っていたわけでもない。なんとなくだ。

レベルファイブブースで福袋もらったり、トロステ見たりしたが、
そんなかで最も気になったのがこれ。

DSCN2066[1]


ソニーが今後力を入れるとか言っていた「3D立体視」。
写真は3D立体視の画像をメガネを通さずに見たとき。めっちゃぶれてる。

しかし、カメラを通して見るとこれがなかなか。
画像の綺麗さだけでなく、立体化させることでリアリティを一歩前進させた感じだろうか。

リアリティと言う部分では、他にも興味深い出展があった。
それがこれ。

2838461363_6bf34e39ef.jpg

※この画像は東京ゲームショウのものではありません。

その名もグラビティグラバー。
指先に装置を取り付け、画面上で何かを触るとその装置が動いて(震えたり、締め付けたり)、
指先で触ったと錯覚させる機械だ。

実際やってみると「言われてみれば確かに・・・」と言うくらいで、
まだまだ研究段階のようだった。

こんな感じで単に映像をきれいにするだけでなくあの手この手でリアリティを追求しようと言う、
そんな印象を受けた今回の東京ゲームショウでした。

各ブースの感想や雑記など、文章多目の「旅の記録 文章編」はまたそのうち。

ブログパーツ
関連記事
ブログパーツ
[ 2009/09/26 22:51 ] ゲーム総合 | TB(0) | CM(3)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000019-zdn_n-sci
これのことですね。

「3D立体視」も、「グラビティグラバー」も実際に体験しないとなんともいえない物なので、体験できる日が来る事が楽しみです。
[ 2009/09/26 23:11 ] [ 編集 ]

3Dのゲームは興味あります
某アニメじゃありませんが近い未来ゲームをする時メガネを掛けるのが普通な時代が来るんですかね?
[ 2009/09/27 00:20 ] [ 編集 ]

3D立体視は無理なく良い感じでしたねー。
必須ってわけじゃないけど、あると嬉しいと言った感じで・・・。

・・・必須じゃないとなかなか普及しないのが世の常ですが(´・ω・)
[ 2009/09/27 11:53 ] [ 編集 ]

※ツイートはこちら



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://galmossan.blog20.fc2.com/tb.php/1645-51adaede